​(株)杉山のブログ

​Blog

屋根塗装についてⅠ

最終更新: 10月20日


こんにちは、杉山塗装です!

いつもご愛顧いただきりがとうございます。


先日、ニュースを見ていて水道工事の悪徳業者の話題がありました。

このような事例は実は少なくありません。

と、言うのも、水道や塗装、建築に於いては素人ではわかりづらいところが沢山ある為、

お客様での判断が出来ないのも大きな理由としてあげられます。

ですので、専門的な依頼をする前には必ず、きちんとした業者さんなのか?どんな施工を手掛けているのか?を下調べすることが大切だと思います。



さて、今回はそんな専門的で判断がわかりづらい屋根塗装についてご紹介いたします。

皆さんのご自宅はどんな屋根をしていますか?

生活をする上で、屋根は中々目にすることがない部分だと思います。

その為、屋根のメンテナンスにおいても、考えもせず気にも留めずにいる方は多いかもしれません。

しかし、屋根塗装は皆さんが安心安全に暮らしていくためには大切なメンテナンスになります。

ですので、屋根塗装や、補修工事について少しでも知識を付けていただけると幸いです。



住宅の屋根は10年を目安に専用のペンキ等で保護する必要があります。

10年以上、放置してしまうと見た目の外観も悪くなりますし、

屋根が傷み、雨漏りの原因になったりもします。

ですが、全ての屋根に塗装は必要かと言われると、そういうわけでもありません。


■塗装が必要な屋根

■塗装ではなく、補修工事が必要な屋根


こちらの2種類に分かれます。

これは、屋根の種類や状態を見て変わってきますので

まずはご自宅の屋根がどんな種類なのかを確認する必要があります。


屋根の種類は大きく分けると3つあります。


一つ目は【瓦屋根】

瓦屋根は屋根の中では一番厚みと重さがあります。

昔ながらの日本家屋や海沿いのお家なんかには多いですね!

この瓦においても種類がいくつかありますので、それによって補修の仕方も違う場合があります。その為、職人さんの知識や経験が必要となります。


二つ目は【スレート屋根】

こちらは現在の住宅に最も多く使用されている屋根だと言えるでしょう。

スレート屋根という種類の屋根材になり、コロニアルやカラーベストと言われることもあります。

薄いセメントで出来ている板を全体に敷き詰める工法で、作業が簡単で施工しやすいのが特徴です。


三つ目は【金属屋根】

金属屋根は軽くて施工しやすく、上記と比べても一番薄い屋根材になります。

オシャレな印象を持たせることも出来ますが、金属なので雨音などが響きやすいのと、

サビが発生してしまうことがあるのでメンテナンスは大切になってきます。



以上が大きく分けた屋根の種類になりますが、皆さんのご自宅はいかがでしたか?

上記の三つの種類から言うと、瓦屋根以外は塗装が必要と言えます。

また、瓦屋根に関しても、補修が多いものの、種類によっては塗装が必要なものもあります。


次回は、この塗装が必要か、補修が必要かをもう少し詳しくお話していきたいと思います。

いわき市の外壁リフォーム、外壁工事、屋根・外壁塗装、メンテナンス、デザイン、最適な塗料選びは杉山にお任せ下さい!

小さなことから大きなことまでご相談お待ちしてます。

住む人にとって心地よい暮らしを提供

https://www.sugiyamaiwaki.jp/toppage




©sugiyama Co.,Ltd.ALL RIGHTS RESERVED.