​(株)杉山のブログ

​Blog

防水工事は杉山へ

防水工事とは?

防水工事とは、コンクリート建造物の雨や水にさらされる部分を防水処理することで、建物内部に水が染み込むのを防ぎます。


初期硬化によりわずかながらクラック(ひび割れ)が一般的な鉄筋コンクリート構造物には存在しています。最初はまったく影響ありませんが、年月と共にその微小なクラックが大きくなっていき、水漏れなどの原因になります。


なぜ、防水工事が必要となってくるのか?

特に鉄筋コンクリート構造物においては定期的な防水工事が必要になってきます。

漏水は建物内部に損害をもたらすだけでなく、建物の耐久性能が著しく低下し

始めます。


その他にも、住宅の屋根・外壁・ベランダなど、雨や水の浸入の可能性がある部分には

防水工事を行ないましょう。防水工事を行なうことで、建物の寿命を長くすることが

できます。

防水工事の種類は様々

■アスファルトシート防水

■バルコニーウレタン防水

■屋上ウレタン防水


いわきでの防水工事は杉山へお気軽にお問い合わせください。

【防水工事後】

【防水工事前】


©sugiyama Co.,Ltd.ALL RIGHTS RESERVED.