top of page
​(株)杉山のブログ

​Blog

外壁コーキングは大丈夫?

こんにちは、杉山です。

今回は外壁のコーキングについて少しお話しいたします。


コーキングとは、外壁材の隙間に施工するもので

防水や緩衝など、建物を保護するために重要な役割を果たしています。

コーキングの他にもシーリングと呼ばれることもあり、

コーキングの劣化は5〜10年前後で始まるとも言われています。


もし、ひび割れや縮みなどを目視で確認できるようになったら要注意です!

ゴムのような弾力性のあるコーキングは

外壁の膨張や伸縮といった動きの繰り返しによって徐々に衰えていきます。


また、紫外線や寒暖差などの影響も受けやすいため

劣化スピードはそれぞれの地域によっても差があります。


どちらにせよ、コーキングの劣化症状を見付けた場合には

早めに補修を行うことが望ましいです。

もしそのまま放置してしまえば、雨水が侵入し、カビや腐食の原因となりますし、

シロアリなどの害虫が入り込む可能性も考えられます。



建物の内部は目に見えない分、気付きにくく

気付いた時には既に手遅れになるケースも多いです。

そうなってしまえば、想像以上にリフォームが必要になり

コストも嵩んでしまいます。


まずは、ご自宅や利用している建物のコーキングが正常であるかどうか

メンテナンスも含めてご確認してみてはいかがでしょうか。

もし、異変を見付けた場合にはお気軽にご相談ください。



杉山では現状の把握をしながら、必要なメンテナンスを確認し、

しっかりとお客様へご説明をいたします。

まずは専門家の目で見て、判断してもらいたいという方は

お気軽にお問合せください。


その他、点検や調査、シミュレーションも行っておりますので

気になる方はこちらも併せてご検討ください^^



創業50年、地元の塗装屋として

お客様に寄り添いながら、見違える塗装をご提供します。







コメント


bottom of page